買取

【最新版】大黒屋本部の運営元は?評判や口コミも紹介

せきえもん

大黒屋本部は、徹底した運営サポートに定評があります。

1947年創業の大黒屋は、年間買取実績が150万件をこえています。

業界トップクラスの店舗数を誇る全国チェーン店のひとつです。

本記事では大黒屋本部の運営元を紹介します。

あわせて大黒屋の評判や口コミをピックアップしているため、大黒屋の特徴・魅力が把握可能です。

せきえもん

買い手・売り手だけでなく、運営側からも支持される大黒屋本部について知りましょう。

▼無料で買取FCの資料請求する▼買取マクサスFC加盟

買取FCの詳細を見る

大黒屋本部について紹介!

出典:http://www.daikokuya78.co.jp/

大黒屋は、2008年のリーマンショックの際、不況のなかにも関わらず高い収益をあげた業者です。

大黒屋本部について、以下の情報を紹介します。

  • 大黒屋の事業内容
  • 大黒屋の会社概要と本部所在地

大黒屋の強みは、買取方法が豊富であり全国の買取に対応している点にあります。

せきえもん

大黒屋本部では、電話査定・メール査定・LINE査定が行われています。

大黒屋の事業内容

大黒屋の年間買取実績は、150万件以上です。

以下の4つの買取方法で、全国からのニーズに応えます。

  • 店舗での店舗買取
  • インターネットでの宅配買取
  • 自宅での出張買取
  • WEBオークション

大黒屋で取り扱っている商品は、以下をはじめとする古物です。

  • ブランド品
  • 時計、ジュエリー、貴金属
  • バッグ、財布、小物
  • アパレル、着物、靴
  • 楽器、記念硬貨、銀貨
  • カメラ、スマートフォン、電化製品
  • 金券、チケット
  • お酒
せきえもん

大黒屋では、古物の買取だけでなく販売も行っています。

大黒屋の会社概要・本部はどこにある?

大黒屋の会社概要・本社所在地は、以下のとおりです。

会社名株式会社 大黒屋
創業1947年(昭和22年)4月
資本金318,095千円
代表取締役小川 浩平 氏
営業許可千葉県公安委員会許可  第441040001832号
埼玉県公安委員会許可  第431060017939号
東京都公安委員会許可  第304360609123号
神奈川県公安委員会許可 第451370005297号
愛知県公安委員会許可  第541160700700号
大阪府公安委員会許可  第621111801153号
兵庫県公安委員会許可  第631130800052号
京都府公安委員会許可  第611061230010号
福岡県公安委員会許可  第901011630002号
本社所在地〒108-0075 東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川3階
TEL 03-3472-7740(代表)
FAX 03-3472-7741
せきえもん

株式会社 大黒屋は、千葉県創業の会社です。

大黒屋の店舗数は?

出典:http://www.daikokuya78.co.jp/

大黒屋の店舗数は、2022年6月時点で以下のとおりです。

  • 直営店 26店舗
  • フランチャイズ 240店舗以上
  • 大黒屋 公式通販サイト
  • 大黒屋 楽天市場店
  • 大黒屋 ヤフオク!店

フランチャイズ展開が始まった2005年から現在まで、240以上もの店舗展開が行われました。

ほかにも、以下の特徴をもつ宅配買取サービスが行われています。

  • 送料、査定料、キャンセル料すべて無料
  • 緩衝材込みの専用梱包キット(4サイズ)が無料
  • 運送保険として、30万円の補償付き
  • LINEで事前に買取価格が確認できる
せきえもん

直営店・FC店・宅配買取、すべてにおいて高い満足度を誇っています。

大黒屋の評判は?

出典:http://www.daikokuya78.co.jp/

大黒屋の良い評判と悪い評判を紹介します。

以下は良い評判として、多くあげられた意見です。

  • 電話である程度の査定額が確認できて、無駄足にならない
  • バッグやチケットなどをまとめて売れる

金券・チケットを同時に販売できるため、手間の削減可能です。

悪い評判として、以下が見受けられました。

  • 店舗によって査定額が異なる
  • 本部への問い合わせなどで、スピーディな査定でないケースがある

大黒屋は店舗数が多いため、いくつかの店舗で見積もり査定を依頼するとよいでしょう。

せきえもん

接客の質がよい大黒屋店舗が、とくに高い評判を集めています。

大黒屋を利用するメリット・デメリット

おたからやを利用するメリット・デメリット

大黒屋は、高い知名度と実績を誇る買取フランチャイズのひとつです。

2005年からはじまったフランチャイズ展開は、着実に店舗数を増やし続けています。

フランチャイズが240店舗以上展開する秘訣は、大黒屋を利用するメリットとデメリットにあるのです。

せきえもん

つづいて、大黒屋を利用するメリットとデメリットを解説します。

大黒屋を利用するメリット

大黒屋を利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 全国200店舗以上のブランド力が得られる
  • 3つの収入源があるため、収益が安定しやすい
  • 店舗に査定額の決定権があり、適切な買取価格の設定が可能
  • 3つの売却方法で、在庫のリスクが回避できる

大黒屋の収入源は以下の3つです。

  • 貴金属・ブランド品
  • チケット
  • 家電などの各種商材

古物買取店に大きな利益をもたらす3つの収入源を、大黒屋はカバーしているのです。

さらに、買取商品の売却ルートは以下のとおり複数あります。

  • 大黒屋本部
  • オークション
  • 店頭販売

売却方法が3つあるため、より高い利益が得られる方法での売却が可能です。

せきえもん

大黒屋では、経営が安定しやすい収入源の確保とリスク回避が期待できます。

大黒屋を利用するデメリット

大黒屋を利用するうえでのデメリットは、以下の2つです。

  • 自店舗で査定する必要がある
  • 初期費用がやや高い傾向にある

大黒屋では、自店舗で査定額を決定する必要があります。

手厚い研修制度や本部からのサポートがあるとはいえ、上手く査定するスキルを磨かなければいけません。

さらに、充実した研修制度とサポートに比例するように、初期費用がやや高い傾向にあるようです。

せきえもん

査定スキルを磨ければ、デメリットを上回るメリットが得られるでしょう。

大黒屋のオークション

大黒屋では「DKオークション」と呼ばれるWEBオークションが、以下の日程で開催されています。

  • 毎月6日は、バッグのオークション
  • 毎月19日は、時計とジュエリーのオークション

大黒屋のDKオークションの特徴は以下のとおりです。

  • WEBによる入札方式
  • バッグとジュエリーの手数料は、買い歩・売り歩ともに3%
  • 時計の手数料は、買い歩0%・売り歩3%
  • 入会金3万円、年会費1万円
  • 第一厚生館ビル3階で現物の下見が可能

出典:https://dkauction.com/

現物下見ができるので、安心して参加できるオークションだといえます。

せきえもん

入札期間は、「開催日3日前」から「開催日当日の9時まで」が多いようです。

大黒屋のFCオーナー募集概要と問い合わせ方法

メルカリ・ヤフオクなどで古物商がいらない場合は?

大黒屋のFCオーナーの募集概要と問い合せ方法を紹介します。

大黒屋のFCオーナーの募集概要は、以下のとおりです。(2022年6月時点)

営業形態ブランド品買取・チケット類売買・
オークション
出店可能エリア全国
加盟金0円
保証金0円
開業研修費用(1人あたり)55万円
運転資金(買取資金)300万円~
オープン広告費(任意)0~30万円
開業準備費用(保険・消耗品等)95万円
店舗内外装費用/その他
(金庫・防犯カメラ等)
本部にて準備
不動産取得費本部にて準備
合計初期費用480万円程度

ロイヤリティとして、オープンより1か月目は0円、2か月目は20万円、以降は40万円かかります。

出典:https://www.e-daikoku.com/fc/about/

大黒屋のFCオーナーになるためには、個別説明会を受ける必要があります。

個別説明会は、以下で随時開催中です。

  • 東京本社事務所(関東・中部・東方)
  • 大阪支社
  • 九州支社
  • オンライン説明会

申込みは、0120-188-030に電話、もしくはメッセージフォームから行います。

個別説明会なので、疑問や不安だけでなく資金準備の相談も可能です。

せきえもん

申込みから、最短2か月で開業できます。

大黒屋の本部は東京都港区

出典:http://www.daikokuya78.co.jp/

26店舗の直営店と240店舗以上のフランチャイズ展開している大黒屋の本部は、東京都港区にあります。

フランチャイズ店舗を支える大黒屋の本部の役割は、以下のとおりです。

  • 独自の難関試験をクリアした、高い鑑定技術師による指導
  • 運営や経営に関する継続的なアドバイスとサポート
  • 毎月一度のスーパーバイサーの店舗訪問
  • 査定情報や偽物情報などの情報共有

大黒屋の本部は、業界トップクラスのサポートを行っているのです。

せきえもん

240以上のフランチャイズ店舗は、大黒屋本部の徹底的なサポートによって支えられています。

買取FCの詳細を見る
買取FCの詳細を見る