買取フランチャイズ

【2022年も大丈夫?】買取業での開業は不安?不景気に強い買取業界の開業・独立方法を伝授

せきえもん

買取業界で独立をするなら、不景気の今がチャンスです。

ビジネスは、本来であれば不景気になると、売り上げが伸びません。しかし、買取業は反対に売り上げを伸ばしています。

なぜなら、不景気になると「モノを現金化したい」という心理が人間い働くためです。そして、新品よりも中古品を購入する方が増えます。

だからといって、適当に買取業を始めても、儲けられません。

そこで、本記事では買取業を失敗しないコツについて解説しています。これから買取業を始めたい方は、ぜひ読んでみてください。

▼無料で買取FCの資料請求する▼買取マクサスFC加盟

買取FCの詳細を見る


儲かる?今の時代買取業で開業・独立はできる?お客さんはこない?

儲かる?今の時代買取業で開業・独立はできる?お客さんはこない?
せきえもん

買取業は、不景気だからこそ儲かるビジネスです。

不景気になると「不要なモノを現金に変えたい」と、人間の心理が働きます。そのため、今の時代でも買取業で儲けることは、充分に可能です。

実際に、不景気の中で、事業を拡大している買取業者も存在します。

また、買取専門店であれば、在庫を店舗に置かないため、小規模スペースからの開業が可能です。

せきえもん

店舗に商品を並べていないため、万引き被害もなくなります。

不景気の影響で、買取業で儲けることは充分に可能です。

【簡単?】買取事業が儲かると言われる3つの理由!
【簡単?】買取事業が儲かると言われる3つの理由! せきえもん コロナ不況と言われている中で、買取事業は年々成長してきています。 この記事では、買取事業が儲かると言われている理由...

買取店の開業に必要な費用

買取店の開業に必要な費用

買取店を開業するにあたり、商品の買取をおこなうための資金が必要です。買取できる充分な資金がなければ、買取業として成り立ちません。

ほかにも以下のような費用が必要です。

  • 賃料
  • 光熱費・通信費
  • 広告宣伝費
  • 人件費・警備費
  • 雑費

買取業は、比較的小規模の運営から始められます。しかし、軌道になるまでは、充分な運転資金が必要です。

それでは、以下で詳しくみていきましょう。

賃料

買取店を開業する場所の確保が必要です。

買取専門店の場合、ほかのビジネスと比べると、小さいスペースで始められるのが、買取業の特徴だといえます。

せきえもん

買取と同時に販売をする場合は、ある程度の広さが必要になるため、毎月の賃料が上がります。

インターネットを利用して、買取業を始めると、自宅でも開業ができます。そのため、さらに賃料を抑えて運営が可能です。

光熱費・通信費

買取業にかかる光熱費は、電気代がメインです。水道代やガス代は、基本料金くらいしか必要ありません。

また、通信費はインターネットと電話代が必要です。お得なセット割などを利用して契約すれば、毎月の費用を抑えられます。

せきえもん

さらに、費用を抑えたい方は、光熱費と通信費のセットプランを選びましょう。

広告宣伝費

せきえもん

買取業だけに限らず、広告宣伝費はとても重要です。

買取店を開業してすぐに、安定した集客が見込めるとは限りません。

開業する前や開業後軌道に乗るまでは、お店の認知を広げ、多くのお客様に来てもらう必要があります。

そのため、開業してしばらくは、充分な広告宣伝費を確保しておきましょう。

人件費・警備費

小さな買取店舗やインターネットだけで開業をするのであれば、1人で運営が可能です。そのため、初めは人件費がかかりません。

しかし、ショッピングモールのように365日運営をする場合や販売を同時におこなう場合などは、従業員を雇わなければいけません。従業員を雇う場合は、人件費が必要です。

せきえもん

買取店には、高額な商品が集まるため、警備の強化をしておきましょう。

買取専門の場合は、万引きの恐れはありません。しかし、店頭販売をする場合は、万引き被害にある可能性もあります。

万引きの可能性があるないにしても、警備会社との契約や防犯カメラの設置は必要です。

雑費

買取業の雑費に当てはまる具体例は、以下のようなものがあります。

  • お客様に出す飲み物
  • 送料
  • 梱包材
  • 鑑定に使う手袋

消耗品ではない、運営に必要なモノは雑費として扱えます。

せきえもん

なんでも雑費にしていると、税務署の調査が入るため気をつけましょう。

【リアルな声】買取業界の経営は実際どう?2022年最新の買取業界の経営状況や今後の身通りを徹底調査
【リアルな声】買取業界の経営は実際どう?2022年最新の買取業界の経営状況や今後の見通しを徹底調査 「買取業界はオワコン…?」と思う方もいるでしょう。 せきえもん 買取は、コロナ禍でさらに伸びています。 コロナ禍で伸びて...

買取業の開業で失敗したくないなら固定費をできるだけ下げよう

買取業の開業で失敗したくないなら固定費をできるだけ下げよう
せきえもん

固定費をできるだけ下げることが、買取業を失敗しないためのコツです。

買取店を開業した当初は、思うように資金の回収ができません。そのため、まずは小規模で始めて、事業が軌道に乗ったら拡大することがおすすめです。

仮に、買取店がうまくいかなった場合でも、小規模スタートであれば、損失が高くありません。

せきえもん

いきなり、買取と販売の両方を始めると、資金作りに困り、潰れるケースがあります。

ほかにも、接客スキルの向上や買取業を熟知することが、買取業を軌道に乗せるためのコツです。

買取業で開業・独立はどうやってすればいい?

買取業で開業・独立はどうやってすればいい?

買取業で開業・独立するには、以下の2パターンがあります。

  • 個人で始める
  • フランチャイズとして始める

上記どちらの方法で、開業・独立を考えている方でも、最低限以下のモノが必要です。

  • 古物商許可証
  • 営業所
  • 資金
  • 商品知識

買取業で開業・独立する上で、重要なのは集客とブランディングです。

個人で開業・独立をする場合は、集客とブランディングが始めはうまくいきません。買取業界での実績は関係なく、難しいです。

しかし、フランチャイズで開業・独立する場合は、大手の名前を借りれます。そのため、開業当初から集客やブランディングは、うまくいく可能性が高いです。

さらにフランチャイズ展開であれば、運営のポートや未経験からの研修も充実しています。

せきえもん

今なら買取マクサスが、買取業の開業・独立についての詳しい資料を配っています!

【2022年も大丈夫?】買取業での開業は不安?不景気に強い買取業界の開業・独立方法を伝授 せきえもん 買取業界で独立をするなら、不景気の今がチャンスです。 ビジネスは、本来であれば不景気になると、売り上げが伸びません...

買取業を開業するうえで固定費を下げる方法は?

買取業を開業するうえで固定費を下げる方法は?

買取業を開業する上で固定費を下げる方法は、以下の3つです。

  • まずは副業で始める
  • 自宅の一室から始める
  • 商品のジャンルを絞って徐々に広げる

買取業で失敗しないためには、固定費を下げることが大切です。

それでは、以下でそれぞれみていきましょう。

まずは副業で始める

副業として、出張買取を始めると固定費を下げられます。

いきなり、店舗を持って買取業をおこなうと、それなりに資金が必要です。

しかし、出張買取であれば、極論携帯1つあれば、買取業をスタートできます。

せきえもん

副業として始めて、充分あ資金が確保できたら、店舗を持つようにしましょう。

自宅の一室から始める

自宅の一室から始めることで、家賃や光熱費といったランニングコストを抑えられます。

自宅から始める場合は、出張買取や宅配買取にすると良いでしょう。スマホがあれば、買取業を始められます。

さらに、自宅の一部を経費として計上できるという、節税の利点もあります。

商品のジャンルを絞って徐々に広げる

開業当初に、たくさんの商品を取り扱うと、買取の依頼が増え、資金作りに困るというケースが多いです。

まずは、ブランドならブランド、時計なら時計といったように、商品ジャンルを絞りましょう。

せきえもん

赤字にならないためにも、商品ジャンルを絞るのは大切です。

出張買取なら店舗不要で自宅の一室から開業できる!

出張買取なら店舗不要で自宅の一室から開業できる!

出張買取であれば、店舗を持たずに自宅の一室から始められます。

出張買取を個人で始めるのも良いですが、商品知識もないところから始めるのは、とても難しいです。

集客やブランディングの観点からも、個人での開業ではなく、フランチャイズ開業がおすすめです。

せきえもん

フランチャイズ開業なら、買取マクサスがおすすめです。

買取マクサスは、低リスクでフランチャイズ開業ができます。また、査定の経験がない方でも、サポートやシステムが充実しているため安心です。

失敗が怖いなら買取フランチャイズでの開業・独立もおすすめ

失敗が怖いなら買取フランチャイズでの開業・独立もおすすめ

買取業の開業・独立で、失敗するのが怖い方は、フランチャイズ展開がおすすめです。

フランチャイズ展開のメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 大手の名前を借りるため、開業当初から信頼がある
  • 買取した商品の卸先が決まっている
  • 店舗運営のノウハウが得られる
  • 広告宣伝のインフラが提供される

逆に、加盟金やロイヤリティがかかるというデメリットがあります。

せきえもん

買取業で失敗してくないのであれば、フランチャイズで、開業当初から信頼度を得るのがおすすめです。

買取業は令和でも人気の開業方法!

買取業で開業するには、今からでも遅くありません。

不景気はいつまで続くかわかりませんし、少子高齢化はどんどん進みます。そのため、モノを売りたいという方は、これからも増えていくでしょう。

買取業で失敗しないためには、フランチャイズでの開業・独立がおすすめです。

フランチャイズには、加盟金やロイヤリティを支払うデメリットがあります。しかし、デメリットに対して、受け取れるメリットが大きいです。

せきえもん

これから、買取業の開業・独立を考えている方は、フランチャイズも視野に入れておきましょう。

【リアルな声】買取業界の経営は実際どう?2022年最新の買取業界の経営状況や今後の身通りを徹底調査
【リアルな声】買取業界の経営は実際どう?2022年最新の買取業界の経営状況や今後の見通しを徹底調査 「買取業界はオワコン…?」と思う方もいるでしょう。 せきえもん 買取は、コロナ禍でさらに伸びています。 コロナ禍で伸びて...
買取FCの詳細を見る
買取FCの詳細を見る